スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

久しぶりの庭仕事

今日も北風が強くて、外に出たくなかったんだけれど、見て見ぬ振り出来ない庭の荒れよう。
一念発起して、つるバラの剪定、誘引から始めました。
庭の南側なので、風も気にならずに午前2時間、午後1時間半の作業。それでも進まないね~
アーチに絡ませて、足元の草取りや古い葉の処理を済ませました。
私の側にはジョウビタキ。


可愛いね~
手乗りだったらいいのに、、、
休憩しながら、見入っちゃったよー。


今日の葉物野菜は、ルッコラ。

自生してるみたいに生えています。
脇芽が出てくるので、柔らかいのがあるんですよ。

2015/01/18 11:58 | 園芸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

室内の植物

寒さに弱い植物は室内で管理しています。

書くことないので、そんな植物の様子などを。


パッションフルーツの苗。

鉢の中で発芽して、室内に取り込む時に冬越しできそうなものだけポット植えにしました。
たくさんあったんだけど、3つだけね。

で、現在の様子です。

まだまだ寒さは続きます。
このまま冬越し出来ますように、、、


パジルの苗。

種まきしたのが、秋。
寒さでダメになる前に葉を摘んで冷凍したり、乾燥させたりして保存したついでに、種を蒔いたんです。
どうにか発芽はしたものの、寒さで全く生長せず。
でもね、ちょっとだけ育っているんですよ。


本葉が出てるでしょう。

これも、冬越しできたら、鉢植えにでもしようと思います。
それまでこのまま。

2015/01/08 13:40 | 園芸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

鉢植え植物の植え替え

鉢植えの植え替えのために、土作りから。
赤玉土、腐葉土、堆肥類などを合わせて、用土を作りました。

先ずは、バラ以外の植え替えから。
玄関用の寄せ植えを処分して、パンジーの鉢植えを作りました。

それから、

パッションフルーツの株元にたくさんの苗がヒョロヒョロと育っています。
この中から3株ほどポット植えにして、他は処分。


ちゃんと育つかは??


畑から持ってきたバジル。


カボスは、今年だいぶ大きく育ちました。
それでもまだ15cmくらいかな。
生長がゆっくりです。
一回り大きな鉢にお引越ししました。

他にもレモンやシークワーサーなどなど。



多肉植物も

そんなこんなで、一日があっという間に終わり。

気になる庭には手がつけられませんでした。



2014/10/27 10:36 | 園芸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

久しぶりに庭仕事

すっかりご無沙汰の庭。
いい加減草だらけ、木の枝が伸び放題。
お天気が悪くなく、田んぼも無しのこんな時には、今まで目をつぶっていた荒れ放題の庭に手を付けてみました。

ボポーの収穫が終わったので、葉が散る前に剪定。
枯れ葉がお隣に散乱すると困るので。
ついでに目に入ったのが、北側のベニカナメ。
日が当たらなくて上に上にと伸びたので、バッサリと切りました。

後は草取りね。
花壇の中は、主にカタバミ。
増えすぎて困るハナニラ。
絡まりすぎたフウセンカズラ。

半日だけだったので、まだまだ行き届いていません。
また後日。

早く片付けてスッキリしたいものです。


ペネロペが返り咲いていました。


姫リンゴ、アルプスの乙女
葉はハダニの被害で、汚くて、実もお肌がブツブツ。それでも数個の実を付けています。

2014/10/14 10:56 | 園芸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今年も…

今年もちゃんと出てきました。
ナンバンキセル


ススキに寄生しています。
一度は描きたいと思い育てていますが、去年デッサン途中のまま…
今年ものんびりしてたら終わってしまいます。

年に一度見られるかどうか?他にも。

ちょっとグロテスクかもしれないけれど、これも去年数日、今年は1日お目にかかっただけのルリタテハの幼虫。



台湾ホトトギスにいます。

去年は数匹いたけど、今年は1匹だけ。
それに毎日眺めていたのに、今まで気づかなくて、見つけた時にはこの大きさ。
なんで~気がつかなかったんだろう
ちゃんと蛹になっていれば良いんだけど。

ただ、これまでに庭でルリタテハが飛ぶ姿を見たことがないんだよね。

飛来してるのは確かなんだから!
たまたま見てないだけなんだろうけど、やっぱり見たいよね。




2014/09/08 10:44 | 園芸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。