スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

畑では・・・

28日で仕事も終り、休みに入りました。
年末なのに、なんだかのんびりしちゃって・・・・
大掃除の続きもしなくちゃ!

さて、畑のほうでは、
19日に、種まきをしました。
ニンジン・・・ベータリッチ
ダイコン・・・おはる
小松菜

マルチングしてから種を蒔き、トンネルとさらに白の寒冷紗で覆いました。
TV番組でそのようにやっていたのでまねしただけなんですけど・・・
トンネルだけだと太陽の光が強いので和らげる為に寒冷紗をかけると良いそうです。

そろそろどうかなぁって思って、覗き込んでみました。
トンネル

小松菜とダイコンは発芽してるようです。
ニンジンは未だみたい。ちゃんと発芽するんでしょうか?ちょっと不安

収穫したものは・・・
キャベツ
大きさがばらばらでちっとも揃っていないキャベツ。
大きいのを収穫しました。
家で食べるんだから、ばらばらの育ち方で何の問題もないんですけどね。

イチゴ

イチゴに花が咲いていました。
去年も育てていてなんですが・・・・四季成りだったのを知りませんでした
そういえばいつまでも花が咲いていたかも・・・
3種類くらいがごちゃごちゃになってしまって、品種さえもよくわからず植えています。
実が成れば問題なしって間隔で作っているので、本当に適当な栽培です。

スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園 - ジャンル : 趣味・実用

2010/12/29 07:36 | 家庭菜園COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

バラの植え替え

12月となると、バラの植え替えやツルの誘引などの作業が待っています。
以前に庭にバラのために穴を掘って堆肥類を入れておいたところに、鉢植えから地植えにするバラの植え込みをしました。
なるべく鉢植えを少なくする為。
そう なるべく作業の手間を少なくする為なんです。

今年はカミキリムシの幼虫の被害に遭ってお亡くなりになったバラ、勢いが良すぎて手に負えなくなったり、長年全く元気がなかったバラを含め全部で4本ほどのバラを処分しました。
そして地植えにするのが5本。

安曇野?
これは鉢に植えてあるときの安曇野としてもらったバラ。(本当はわからない??)
今年は花柄摘みをさぼって咲かせたままにしておいたら、次々と咲いては可愛い実を付けていました。
それが気に入り、地植えに昇格
大きくならずにこんもりと咲いてくれるはず。

他に地植えにしたバラは・・・・コーネリア、バリエガータデボローニャ、マダムフィガロ、ルージュピエールドロンサール

それとツルバラの誘引も2/3を済ませ、残りは来年にします。
鉢植えの植え替えも来年に。

冬の作業もだいぶ進みました。

シャリファアスマ
シャリファ・アスマ
この季節はいつまでも咲いてくれるのでうれしいですね。
じっくりと見ていたいですもの。
シャリファアスマ2
切り花にしてからも咲き進みます。
とっても良い香りで、このクシュクシュ感が大好きです。

テーマ : バラが好き。。。 - ジャンル : 趣味・実用

2010/12/26 20:30 | バラCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

小さな家庭内戦争勃発

もう1ヶ月以上も前のこと、何を思ったか!イヴが突然にモモに威嚇し始め、さらに追いかけて追い詰める出来事が起きました。それ以降毎日のようにイヴからのウゥゥ・・・シャー攻撃が続いています。

イヴが本気で引っかいたりはしないので、飼い主としたら猫の喧嘩にしゃしゃり出なくてもいいのですが、追われるモモのほうが恐怖からか、猫の習性かわからないけどオシッコをもらしながら逃げるという出来事が続いてしまい、それはもう大変な思いをしてしまいました。
その都度大掃除のように拭き拭き・・・猫のオシッコの臭いは凄まじいものですから!

それからは私たちも、イヴの威嚇が始まるとすぐになだめにかかります。
抱っこしながら、良い子良い子とあやし、二匹を引き離します。

何でこんな思いをしなくちゃいけないの

モモ
イヴに睨まれると、この場所に避難します。安全地帯です。
イヴが絶対上ってこられない場所。
モモ3
安心して寝られるね

イヴ
イヴは場所を選びません!
自分の好きな場所へ、堂々と・・・
イヴ2
常に睨みを利かせてますよ~~

猫の喧嘩の最中は、空(クウ)は落ち着きなくフンフンしながら歩き回ります。
イヴに顔を近づけたことも。
一瞬ヒヤッとしますよ~引っかかれたらどうしようって!
でもワンコには興味がないらしく、そっぽを向いてしまいます。ホッ

猫同士は気が合わないと一生合わないでしょうね。
このままどちらも元気なうちは続くことと、覚悟決めました。

モモ2
?????・・・


テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

2010/12/21 20:36 | 犬・猫COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

落ち葉で堆肥作り

今年も落ち葉で堆肥を作ります。
ただいつもなら庭の一角で作っていたのですが、今年は場所がありません。
それならいっそのこと畑で直接作ったほうが出来上がっても運ぶ手間が省けますよね。
そう思ったので、畑で作ってみました。

落ち葉は45Lの袋に6個。
米ぬか
バケツで嫌気発酵させた生ごみ


野菜作り用の支柱を利用して、ビニールシートで囲みました。
中に次々と落ち葉、米ぬか、生ごみ、水と入れていきました。
時々土を被せ、混ぜながら重ねていきます。

落ち葉堆肥作り
落ち葉の中に、今年全く実を付けなかった大失敗の大豆の枝も細かくして混ぜ込みました。

落ち葉堆肥作り2

本当に適当な作り方で  スミマセン・・・
風で飛ばなければ良いんです。

落ち葉堆肥作り3

何か大事なものを仕舞っているようにも見えます。(たぶん・・・)

去年はまあまあの出来でした。今度はどうかな???

切り返しが大事なんですよ~~


最近米ぬかが手に入りにくくなりました。
今回で集めた米ぬかがなくなってしまったので、近所のコイン精米機を回ってみましたがどこも空っぽ~
精米する人が少ないのか・・・・はたまた米ぬか人気なのか・・・・
ただで手に入れるためには手間隙がかかりますね。

テーマ : 家庭菜園 - ジャンル : 趣味・実用

2010/12/20 20:23 | 堆肥作りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

有機栽培について

今日で、有機栽培についての全講座(4回)が終了しました。
第1回目は以前にも書きましたので、
2回目からのさわりを書きたいと思います。

2回目は、土の中の菌類と植物の関係。
森の中は肥料を与えなくても自然のままに樹木は生長している。
それは土の中には微生物が多く、菌類と植物がお互いに必要な栄養を与え合い共生しているため。
この微生物が住み着くことで、植物は免疫ができ病気などに抵抗力が出来るそうです。
薬のように直接作用はないですが、病原菌にたいして抵抗反応が働き侵入をブロックするようです。
身近な菌としては、林などに蓄積されている落ち葉のしたにある白い土着菌。
これを種まき用土に混ぜて種を蒔くと、その植物に抵抗力が付くとのこと。

3回目は、有機栽培と家畜の利用。
畜産農家は、糞尿を法律に沿って処理しなければいけなくなった。
糞尿は環境汚染の元になり耕地へ還元する為に堆肥舎の設置が義務化されたそうです。
県内の米農家でも、減反により食べるお米を作ることが出来なくなったため飼料米を作り、畜産農家と提携しての循環農業に取り組んでいる現状。
また耕作放棄された畑でヤギを放し飼いし(柵はしている、)葛、セイタカアワダチソウ、ススキなどが蔓延ったところをヤギに食べさせるということを、講師の先生が指導されています。
ヤギの行動なども研究されています。
是非ヤギを飼ってくださいとおっしゃっていましたが、残念ながら我が家では無理です。

4回目は、カバークロップの利用と有機農業。
カバークロップというのは、畑で作物を作らない時期に作るムギなどの植物のこと。
雑草防止や、残留窒素を吸収しそのまま土に返すことで肥料にもなるというもの。
土は表面が一番栄養があるのにむき出しのままだと風などで飛ばされてしまう。また肥料成分が残っていると地中にしみこみ環境汚染につながる。そのために収穫しない作物を作ることです。
結局のところ、家庭菜園では、雑草をそのままにして草のなかで作物を作る自然農法に行き着きます。
土中の微生物はかき混ぜると育たないので、耕起しない。
米ぬかを使ってボカシ肥料を作る。
微生物の多い土を作るということですね。


なんだか意味不明の書き方になってしまいましたが、農家ではないので出来ることは限られてしまいます。
自分で環境のために出来ること、またやってみたいことは何か、などを踏まえてこれからの野菜作りに参考にしていけたらと思います。

今まで知らなかった環境汚染の現実や、大学の取り組み、農家の現状などを教えていただき、とても有意義な時間だったと思います。
今度は実践の講座があったらいいなぁ~

テーマ : 家庭菜園 - ジャンル : 趣味・実用

2010/12/15 22:16 | 家庭菜園COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

ソラマメ他

大変ご無沙汰しました。
あっという間に12月も6日になってしまいました。

庭はボチボチと作業実行中です。
12月に入ってすぐにバラを植えるための土作りをしました。
鉢植えのバラを地植えにしようと、穴を掘って中に堆肥やら何やら・・・・例年通りのレシピに沿って
土に混ぜて元に戻しておきました。
これで約3週間置いておきます。
まだ二つしか掘っていません。この先、どうしようっかな~まだ考え中なんです。

その庭の一角にはキッチンガーデンがあります。
そこに11月の初めにソラマメの種を直播しました。

その場所は昨シーズン、落ち葉と生ごみを米ぬかで発酵させて堆肥を作り、土に混ぜ込んだ場所。
夏にはゴーヤなどを作りましたが、その後有機石灰を撒いただけで他には何も入れていません。
この先ちゃんと育つのかわかりませんが、とにかく蒔きました。
それでも発芽だけは良かったです。
ソラマメ

今までは、ポットに種まきをして定植する方法を取ってきて、いつも失敗していました。
畑に直播したときは発芽率が悪くて、がっかりしたことも。
なのに・・・・今回はどうして?????
発芽100%なんですよ~~
庭ならアブラムシの被害が少なくてすむのでは?・・・・と考えています。

畑の白ネギ(ホワイトスター)
いつだったかな?畑のオーナーのおばあちゃんがネギに土寄せしなくちゃねぇ~とアドバイスをしてくださって
すぐに土寄せしました。
その分が現れています。
ネギとニンジン

うっすら緑色していて、もっと早くに土寄せしていたら白くなっただろうに・・・と思うような!
そんな出来具合になっています。
そこが白かったら農家さんが作るのと変わりないじゃん!!
土寄せ大事だなぁ~
来年からは土寄せ土寄せ・・・・

ニンジンもこのところ大きく育ってきました。
自分で食べるのだから充分な出来です。
ニンジンはきちんと発芽させて、間引きが大事。後は季節が大きくしてくれるわ~

今年の失敗や覚えたことは来年からの役に立てるようにしなくちゃね

テーマ : 家庭菜園 - ジャンル : 趣味・実用

2010/12/07 20:21 | 家庭菜園COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。